読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成ジェネレーションズを改めて観たので考察してみる

平成ジェネレーションズのレンタルが始まったのでまた観ました。30話終了時点で観たら改めて気づいたことがいろいろあったので書いていきます。

 

平成ジェネレーションズは財前道彦らが消滅してバグスターとして復活したことが発端となって起きた話です。ここで1番大事なのはバグスターとして復活したということです。当時は「そういう事故か」程度で済ましていましたが今、社長がバグスターとして復活したということを考えるとこれは重大なヒントです。

社長がバグスターとして復活したという情報だけだと社長がバックアップしておいたんじゃないかくらいの考えになりますが、財前道彦らもバグスターとして復活していたことを考えるとバグスター(ガシャット)関連で死んだ人間はバグスターとして再復活が可能ということになります

しかしあの「わたっ、わたっしはわたしはふめつふめつ」とか言ってた社長を見るとなにかキッカケがないと復活できそうもありません。

じゃあ財前道彦らになにかキッカケがあったのかというと社長がなにかしらやったと思います。なぜかというと、平成ジェネレーションズラストでの社長の「財前道彦は私の掌の上でよくやってくれたよ」という発言があります。さらに続けて「貴重なデータを収集できた」と発言しています。「貴重なデータを収集できた」はレジェンドガシャット、パーフェクトパズルのことを指していると考えるのが自然ですが消滅した人間をどうやって復活させるかを実験していたと考えても良いのではないでしょうか。

もしかしてライドプレイヤーもゲームクリアというキッカケで(バグスターとして)復活できるのかもしれませんね。パラドたちは嘘をついてなかった?

 

あとこの前Twitterで見たんですがマイティブラザーズに変身したときパラドが乗っ取っていた説も本当っぽいですね。あれ両方の人格がパラドなのか(改めて僕が言うことではないけど)

 

それ関連で永夢のMはなんなんだってことを考えたんですが永夢の中のウィルス(パラドの一部?)がガシャット起動時に体に流し込まれたバグスターウィルスで活性化してM人格になるかなと(ニコが感染したタイミングがガシャット起動時だったから変身するときウィルスが流し込まれるのはガシャット起動時と考えた上での話です)

永夢は普通のゲームやるときはM人格になってなかった(はず)し

 

 

こんなもんかな!何かあったら追記します。

閲覧ありがとうございました

ウルトラマンジードについて

はてなブログの方から更新が1ヶ月間止まってますよとメールが来たので別にツイッターで呟けることをせっかくなのでブログにします

 

遂に今日新しいウルトラマン、『ウルトラマンジード』の公式発表がされました。放送は7月からだそうです

今作のウルトラマンウルトラマンジードはあのウルトラの星唯一の反逆者、ウルトラマンベリアルの息子という衝撃的な設定。

見た目も少し異形でレイブラッドの血を少しは受け継いでいるのかな…?という感じです

 

そして一番注目したいのが主人公リクを演じる濱田龍臣くんは昔ウルティメイトフォースゼロのジャンボットを操縦した少年、ナオを演じたという経歴があります。

これは偶然なのか、それともストーリーに関わってくるのか、ちょっとしたファンサービスをゼロがしてくれるのか、楽しみです

ちなみに過去ウルトラマンベリアルを演じた宮迫さんの息子さんの名前もリクだそうです。

ジードは宮迫とベリアルの息子だった…?

 

・やってほしいこと

オーブに闇との付き合い方を教えてもらう

色とかから察するにジードはベリアルがレイオニクス化した後にできた子どもっぽいので暴走とかもしそうですね。ウルトラマンに助言するウルトラマンオーブの姿、頼みます!

 

「貴様は誰だ!」

「俺はウルトラマンジード!ベリアルの息子だ!」

対照的な存在のゼロの名乗りをやってほしいです。最終回にやるとなおよし

 

感情的になると目が赤くなる

青目のウルトラマンの感情が昂ぶったらやることは一つ。赤目になることです

 

 

楽しみです!ウルトラマンジード!!

 

「超スーパーヒーロー大戦」感想

少し遅れあそばせながらも観てきましたよ超スーパーヒーロー大戦!

自分自身「スーパーヒーロー大戦」を観るのは初めてなので無印やZの感想を見ると大体みんな酷いって言うので「おいおい…友達と観にいく予定なんだぞ…つまんないって感想言い合いたくないぞ…」と不安を抱きつつも観にいきました

観終わって最初に出てきた感想は

 

「あれ?結構面白くね???」

 

でした。

いや、言いたいところもいろいろあるよ?でもそれを差し引いても面白かった!(自分自身春映画がそこまで嫌いな人ではないので参考になるかは知らないです)

なので今回は良かった点、引っかかった点を感想を交えつつ書こうと思います

 ここから下はネタバレを含みます!映画本編を観てない方は読まないことを推奨します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかテレビでマイナスなことを最初に言う人は暗い性格みたいなことを言ってた気がするけど関係なしに引っかかった点を先に書いてやります。

 

  • ジューランドが存在する

ゼビウスにジューランドを壊滅させられた」とアムが発言するシーン。

おいおいおい!あのびっくり仰天ラストがなかったことになってるのか!?あれは最終回後ではないのか!?とか思ったけれど、考えても仕方ないかなと思って流しました

 

割愛

 

  • 先に変身しようとする医者たち

これはまあ説明しない(できない)キュウレンジャーたちのせいかなあ…急にポッピー連れていこうとしたもんな。敵の認識するよな。

  • 監察医の出番

短っ!CMで出た部分くらいしか出番なかったじゃねえか!

 

  • ゴライダー!

ゲームの力を借りるってそういうことかよ!俺てっきり現実にゲームのライダーを連れていっていい資格を手に入れるための戦いかと思ってたよ!

 

  • ウッチーのキョウリュウチェンジ

エエ!?淡白!?「いざ、尋常に!」がない!しかも踊らない!結構これ楽しみだったのよ!

 

  • アマゾンズ…

コレは…アマゾンネオを立てると思いきやそうでもなく…

階段をダダッと上がっていくシーンは好きですが本当にただの噛ませとなっていてアマゾンズファンが観たら大激怒だろうなあと(アマゾンズ未視聴ですので自分はそんなに怒ったりはしませんでした)

 

10周年やぞ!!

 

あとは必殺技を使わないってことくらいですかね。まあマグナギガももう残ってないか…

ベルトとか武器の音声聴きたかったけど仕方ないね

 

 

ここまで引っかかった点を頑張って読んでくれてありがとうございます。

ここからは良かった点です!

 

  • イマジンズ!

リュウタロス不在とはいえここの掛け合いは本当に楽しかった!ウラタロスは頑張ってことわざを言おうとしてたな!そこも含めて好きです。八雲にイージーと言われたとき「誰がいいじじいだ!」って返すモモタロスモモタロスしてる。

モモタロスの桃枠の話が妙に納得できる…(できない)

 

  • あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

俺はこれを観にきたんだ!!!!!

 

八雲「黄色は俺の師匠、マジイエローの翼先生に決まっている」

 

陣さん「一応俺、陣マサトとして出てるから…あ、変身後はビートバスターです」

 

ここ細胞に刻みました。マジイエローって言った!マジイエローって言ったぞ!触れた!触れた!

ニヤニヤが止まらなくてキモい顔してたと思う。

もうこの映画に星5つけます

 

  • 北岡先生

自分の名言言おうとしすぎだw

もうなんか吾郎ちゃんって言っとけ!みたいなノリを感じました。好き。

 

  • ロボ

一瞬ゴーゴージェットが出たと思ったわ…

いやそんなことじゃなくてマジドラゴンですよ!マジドラゴン!陣さんが!いや、俺にはキライダー(語感がすごいキカイダー)がマジイエローに見えたね!本当に…ありがとう……

 

  • ここからは俺たちのステージだ!

あんたが言うんかーい!ダイヤモンドユカイさんは知らずに言ってそうなところがまた

 

  • パラド

熱い…平成vs昭和の主任みたいに敵の強キャラが助太刀に来るのは熱いですよね

 

  • 飛彩vs飛彩

この話が今回のメインですよねぇ

ゲームの中の飛彩は自分の犯した過ちを取り繕うことが全てで、現実の飛彩はそこにはある程度の折り合いをつけてるんですよね

いわばその時に立ち止まったのとそれでも進んだ違いでやっぱり未来へ進む者は強いっていういい意味でありがちな展開でした

やっぱり飛彩って一貫して完璧を求めるんじゃなくて最善を求めるので完璧な経歴に傷が〜っていうのを乗り越えるこの話は正史にも組み込んで欲しいくらいです

トゥルーブレイブのトゥルーっていうのは「真実」とか「本当」って意味もあるんですが「本来の」っていう意味もあるんですよね。もし飛彩が常人だったら、天才じゃなかったら、『本来は』ゲームの中の飛彩になってたと考えられますし、それを乗り越えられてたってのはすごい熱いし飛彩は流石天才ドクターだなって。

トゥルーブレイブへの変身に使うタドルレガシーのレガシー(legacy)は「過去の」とか「遺産」って意味があって、「過去の遺産で変身すると本来のブレイブ」になるってすごい設定ですよね…

こじつけかもしれませんが新しいタイプのガシャットのデュアルガシャットを使うところと古い(古くはないけど)タイプのガシャットを使うところも対比なのかなと

 

  • ナーガ

ナーガにしかできないこと(やって欲しいこと)をやってくれたなあと。

同じ感情を持たない者同士だから分かり合えるし、それゆえナーガは辛い思いをして悲しいって感情を手に入れるのが中々感動させてくれます(これはテレビ本編では活かされないだろうけど)

エイトくんの突くところが痛すぎる…

 

  • 巨大戦

ああ…楽しい…

巨大ロボと親和性の高いマキシマムとフタゴキュータマによるオールスターキュウレンオー。

そしてオリオン号バッティング。お祭りって感じ!

 

 

飛彩のとこが濃すぎてダイヤモンドユカイ戦とギャラクシアンの出番がちょっとあっさりしてた気がしますが面白かったです!

「これがねえぞ」ってのがあったら教えてください

 

閲覧ありがとうございました!

『劇場版マジレンジャー インフェルシアの花嫁』を見ました

「魔法、それは未知への冒険。魔法、それは聖なる力。魔法、そしてそれは、勇気の証!」

これがめちゃくちゃ好きです

 

 

いやー!いい映画でした!爽やか!すごい爽やか!恋愛ものの映画は基本見ないからわからないけどこういう感じなのかな?

 

↓ネタバレのマルデヨーナ世界

 

 

 

 

導入部

雨の中での巨大戦から始まります。マジキングはやっぱカッコいいなあ。しかし敗北。なにやら山崎さんが危険な状態なのがわかります。

そのあと回想へ

サッカーの試合をするカイ。応援に駆けつける小津家。アカンここで泣く。いつもの小津家すぎる…

そこで急に冥獣人バーサーカーが!*)カッコいい

山崎さんを嫁にすると言いながら攫い自分のロボへ。そして冒頭のシーンへ

 

インフェルシアへ!

天空聖馬ユニゴルオンに乗れば1人だけインフェルシアに行けるそうだがユニゴルオンはマジトピアにしかいないのでヒカル先生にマジトピアへ連れて行ってもらおうとするがヒカル先生は「掟だから無理」と。いつも通りすぎるぜ!

その代わりにマンドラ坊やジャックと豆の木よろしく大きくさせてマジトピアへ。やっぱりいつものヒカル先生だな!

マジエルというおばさn…天空大聖者にユニゴルオンを貸してもらうために直談判。しかし「それはわがまま。既に魔法を与えてるだろこの野郎」と正論を突きつけるが、カイや小津家の懇願により貸してもらえることに。いざ、カイはインフェルシアへ!

ここはカイが最初無茶言いだすんですけど、その後にカイの尻拭いは私たちがしますと兄妹達が加勢するんですよね。末っ子の恋人を助けるためにここまで張ってくれるとはなんともマジレンジャーらしく最高です

 

バーサーカー

(ここまで書いてなんかただのあらすじになってることに気づいた。すみません)

こいつムチャクチャカッコいいな!?トゲトゲしてて

それでいて結婚したらバーサーカー軍団が生まれるというもはやこいつ1人でいいんじゃないかっていわれそうな冥獣人です

 

VSバーサーカー

ヒカル先生カッコいいいいいい!戦隊映画って大体追加戦士って噛ませや時間稼ぎしかしないじゃないですか。でもヒカル先生は勝ったんですよ!?(相手の能力で修復されてしまうけど)

バーサーカーにグサッといかれてやられたと思いきや、マジシャインの装甲を脱いでサンジェルの姿で敵の後ろに!!!ヒカル先生優遇!

そのまま倒しちゃうんですよ!!カッコよかったなあ

 

サーカス

まさか巨大戦で空中ブランコやるとは…映画限定ロボで(限定じゃないけど)やることじゃねえ…すげえよ…!

 

今回の感想はここで終わりです。作品を観てから感想を書くまでのラグが最近開きすぎてるので直したいと思います

 

 

薄い内容になってごめんよ…

閲覧ありがとうございました

劇場版 仮面ライダー龍騎を観ました

アギトの流れで龍騎も観ました

一応本編全部見たあとの感想です

 

「(ネタバレするから映画観る前に)見るなよ…蓮…」

 

 

 

 

 

ライダーバトルの制限時間ギリギリのところから始まるのでモンスターがうじゃうじゃしてます。もはやパニック映画です。アギトの冒頭もこんな感じだったなあ…

相変わらずお兄ちゃんは「戦え…」って言ってます。この世界でもあんまりみんな戦ってくれないから健気に頑張っています。頑張れお兄ちゃん。

 

 

 

脱落!

え…?浅倉さん?浅倉さん死ぬの早くない?今回まだ誰も殺してないよ?(芦川さんは殴った)みんなの感想見ると「残しとくとストーリー上めんどくさくなるので早めに殺された感」とかあって納得

そして北岡先生!それできる世界か!ライダーの資格放棄できるのか!それ佐野がめちゃくちゃやりたかったやつじゃん!でも北岡先生が幸せそうだからよし。オールオッケー。

 

 

ゲェットオオオオン!!

「これはどうも個性的なメンバーばかりのG3ユニットの方々じゃないですか」と北条さんが言いながら登場をしt…えええええええ!?お前そっちサイドかよ!なにお前小沢さんと氷川さんと同じ鉄板で肉焼いてるんだ!焼肉食わねえとか言ってただろ!

翔一くんはディレクターズカット版だといるそうですが自分はDC版を観たわけではないのでとても残念です。auビデオパスと翔一くんをDC版のみに収録した担当を恨んで寝ます。

 

あと芦川さんチンピラ役自然すぎ

 

 

リュウガァ...

カッコいいなあ…浅倉さんをすぐ殺っちまったよ…

目の形とか龍騎と違う部分があるもほとんどリペですね

みんなこいつを真司って思っちゃってちょいちょい問題が起きるんですがあんだけ色が変わっても気づかないってどういうこった。逆光だからか。

蓮に「こいつは城戸じゃない!」みたいなことを言って欲しかった気もしなくはないですがこの距離感がなんともいい意味で龍騎らしくてグッドです。

 

ラストバトル!!

みんな大好きですよねここ。f:id:takuanU:20170322192747j:image

 

アドベント使ってないのに来てくれるドラグレッダー!カッコいい!!

最後の正面からファイナルベントをぶつけ合ってオリジナルが勝つってのは燃えますよね!

 最後にモンスターの大群に突っ込んでくENDだったけどあのあとなにからしらでお兄ちゃんがタイムベントしたんだろうなあ…

なんとなくだけど真司が死ぬか死ぬ直前あたりで巻き戻されてそうだなあと

 

 

 

今回はここで終わりです!閲覧ありがとうございました

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 を観ました

どうも。最近寒いですね。

今回は劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4を観た感想を書いていきます

(月日が流れたのでここからはそんなに寒くない時に書いてます)

 

自衛隊

ヤバい奴らじゃん…TVスペシャルのラストで小沢さんが見てたG4システム盗んで使って何人か死んで…しかも子ども攫ってシステムの一部に組み込んで…真魚ちゃん…

でもミサイルぶっ放すのはとてもかっこよかったので許す(許さない)

 

芦川さんとレイ

本当に芦川さんは少年と絡むと泣かせてくれるね!

瀕死の状態のときレイが盗んだ金で買ってきた弁当を食わず(ここだけで既にグッとくる)仕方なくレイは肩揉みの仕事を始める、けど誰も頼まないから段々値段を下げた。結局全然稼げなかったけどその稼ぎで買ったヨーグレットみたいなお菓子を受け取って笑顔で食べる芦川さん

 

レイが能力を使って間違った道に進まなかったのは間違いなく芦川さんのおかげだよ。

ここで良いのは最初弁当を渡す時のレイは無愛想な顔なんだけどヨーグレットみたいなお菓子を渡す時のレイは笑顔なんだよね…

しかもここはBGMだけで一言も喋ってないので「通じてる」感が良い…

 

警視総監

この映画の一部であり全てを持っていった人物。そう何を隠そう演じている人物は藤岡弘、その人なのだ!!

以下翔一くんとの会話

翔一くん「そうそう!行く時はやっぱ行かなくちゃ!ですよね!」

警視総監「(肩を叩いて)それでいい…今の俺のできないことを君たちがやってくれ。いいな?」

翔一くん(翔一スマイル)

 

熱い…!

藤岡弘、賀集利樹に「仮面ライダー」という作品を頼んだぞ。と言ってるようにも捉えられるし、「仮面ライダー1号」が「仮面ライダーアギト」にこれからを頼んだぞって言ってるようにも捉えられて本当に良い…!f:id:takuanU:20170310215655j:image

 

クライマックスバトル

翔一君たちと一緒にいた紗綾香はレイと合流。攫われた真魚ちゃんを自衛隊の施設へ一緒に助けに行きます。

ここで警察として来ていたG3ユニット、翔一くん、レイが助っ人として呼びに行った芦川さん、3ライダーが集結します。この集結のプロセスがすごい気持ちいいです。

 

施設にアントロードが襲撃!3ライダー、G4が応戦します。

G4は真魚ちゃんの未来を予測する力でめちゃくちゃ強いです。G3-Xと一緒にアントロードの群れを倒します。(しかし途中で真魚ちゃんは救出されたので予見はできなくなりました)

一方翔一くんと芦川さんは別々の場所でボス格のアントロードと戦いますが苦戦を強いられます。更に真魚ちゃんが翔一くんが死ぬ未来を見ます。

そして腕を斬られた芦川さん、腕を生やすついでにエクシードギルスへ!反撃開始だー!と思いきや翔一くんはギリギリ止めていますが首に刃が。予見通り死んでしまうのか?

しかし真魚ちゃんの呼びかけによってシャイニングフォームへ!からのOPの2番!!大勝利!!!

 f:id:takuanU:20170310215954j:image

(画像は映画本編の物ではありません)

 

G3-X 対 G4

エクシードギルスになる前にこの2人はバトり始めてました。生を背負う者が強いか、死を背負う者が強いかを決めるために。戦力差は歴然としてるのに。ズルいぞ!

しかし圧倒的にG4の方が強くG3はボロボロになっていきます。アンテナが折れてるのがすごいショックでした

ここで小沢さんのG3として戦うのではなく氷川誠として戦えとの助言が。氷川さんはメットオフして応戦します。頑張れ氷川誠。

するとG4に限界が。氷川さんは離脱させようとしますが制止を振り切り死亡……かと思いきやまた立ち上がろうとします。中の人は死亡しているのですがG4の意思によって無理やり動いているのです…恐ろしいシステムだ…

ここで氷川くんの後世にも残る屈指の名言

 

「もういい…もういいだろ!」

 

f:id:takuanU:20170310215542j:image

銃撃してG4システムを停止させます。

ここアドリブらしいですね。そりゃ売れっ子俳優になるわ…

 

そして小沢さんの後ろ姿が映るんですがなんとも哀愁が漂っていて…

利用したのは自衛隊ですが仮にも自分が作ったシステムが人を殺してきたことのショックは大きいんでしょうね…

 

 

他にも語りたいところがあるのですがキリがないのでここらで終わります

 

閲覧ありがとうございました。

ウルトラマンXのすゝめ

ニコ生で配信されるウルトラマンXを是非とも見て欲しいのでオススメポイントを紹介します。

 

光線!

ウルトラマンと言えば光線を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ウルトラマンXでは「ザナディウム光線」が使用されます。普通はポーズをとって発射が一般的ですがウルトラマンXでは様々な体勢でザナディウム光線が発射されます。お楽しみに!(もちろんポーズをとって発射もあるよ!)

 

Xio!

ウルトラマンXでの防衛チームです。科学力がものっそい高く(ウルトラマンメビウスで登場したあの星人が貢献してます)Xとの連携がとても密接です。メンバーによる熱い展開も多いですよ!

 

アーマー!

前半はバンバン出ます。目が楽しいです。そしてデザインが秀逸!ビクトリーのようにそのまま怪獣の一部がくっつくのではなくサイバー的なアレンジが効いておりカッコいいです!

 

過去作品リスペクト!

ええ!?こいつ!?っていう怪獣も出ます。

技も過去のウルトラマンのオマージュがあったりします。演出も過去作品を思わせるものが多々。

 

サプライズ!

サプライズとしか言えないけどすごいサプライズあるよ!「ね」とか「ぎ」とか「ま」とか「び」とか「ぜ」とかね!

 

以上がウルトラマンXのオススメポイントです。

本当はもっと言いたいことがあるのですがネタバレになってしまうので…

 

ニコ生で2/13 21:30より配信です是非観てね!