才を磨いて己の未来を切りひら記

映画観た感想とかイベントの感想とか

ウルトラマンジードを振り返って

完結しましたねウルトラマンジード。

ベリアルの息子という衝撃の予告から主人公のリク役もジャンボットを操縦したナオ役の濱田龍臣さんで注目されており、さらにゼロもレギュラーメンバーとして参戦するということでベリ銀ファンは頭がパンクしそうだったんではないでしょうか。

そんな放送前から盛りだくさんで一部では過去作の威を借りすぎではないかと囁かれたウルトラマンジードでしたが蓋を開けてみると主人公リクがヒーローになるまでを主軸に据えた過去作に頼ったばかりでないちゃんと一つの作品として独立したストーリーでした。

個人的には坂本監督も怪獣の撮り方が上手くなったなあと(誰目線だ)

ウル銀のときのゼットンの扱いは本当…

特に1話は最高でしたね

濡れたスーツ、夜戦闘、進撃するスカルゴモラ

 

ジードの基本三種のデザインも各フュージョンライズ元の偽物を模したものとの噂があったり、ゼガンの造形などデザイン面でも中々良かったと思います。

 

ですが!

 

最終回のケイとライハの戦いも「もうベリアル関係ないのに決着をつけようとする」ほどの因縁となるにはライハが一方的すぎるかなあと思ったり(キングが「君のやることではない」って言ってたしね…)アトロシアスのフュージョンライズもせっかくのエンペラ星人、ダークルギエルなのに全然そこらへんが全然活かされず残念でした。(父がエンペラ星人の気配を察知したかのような描写はありましたが…)あとアトロシアスの絶望感も薄かったり…

つまり最終回の盛り上がりに欠けていたのではないかなあ…

ベリアルの気持ちを組み成仏させるリクだったり、フュージョンライズ大集合だったり最終回ならではの部分もあったのですが…

最終決戦の総力戦な感じがクライマックスでそこから少しダレた印象がどうにも拭いきれないんですよね

  • ジードちょっと惜しい部分があったので映画に期待です