才を磨いて己の未来を切りひら記

映画観た感想とかイベントの感想とか

仮面ライダーエグゼイドで良かったよねってこと

もっとうまく言葉にできる人が書くだろうから自分でがわざわざこんな総括記事みたいなの書かなくてもいいだろと思ってた(トゥルーエンディングの記事でも触れたし)けどさっき人のを拝見させていただいて自分も書きたくなったので書きました

(真似をされたようで不快な気持ちにさせてしまったらすみません…)

 

本題に入ります。

仮面ライダーエグゼイドで何が良かったのか?平成1期や鎧武などで採用された『連ドラ』性を採用したこと、多人数ライダー、キャラの立った登場人物…いろいろあると思いますが個人的に一番良かったと思うのは

主人公のレベルアップが超個性的だったことです

 

決して過去の強化フォームが嫌いなわけではありませんが強化フォームだとやっぱり、各属性が強化されたり、速くなったり硬くなったり飛べたり、全部の力が使えたり、ただシンプルに強くなったり、暴走したり。

もう出尽くしたと思ってた節もあるんです。

(ただそのおかげでクロックアップvsアクセルフォームのような夢の戦いが起きるので悪いことではないと思います)

しかし2016年、12月、映画館でそんな考えが吹き飛ぶ出来事が起きました。

"マイティブラザーズ XX!"

"ダブルアーップ!"

"俺がお前で お前が俺で!(we're!)マイティ マイティブラザーズ ダブルエーックス!"

(なんだこの文字色…)

 

「ああ分身ね。」なんて思わず直感で「違う…!これは分離だ!」と。

分身ではなくこれは『分離』

本編でもちょいちょい見せてきた二重人格の演出のおかげですね。すごいアハ体験みたいな感覚でした。

2人が1人はあった。だけど1人が2人。

主人公の二重人格。マイティアクションからマイティブラザーズのどっかの兄弟感。ドクターライダーたちに共通なレベル1顔を肩に持ってきて半分に割るというデザイン。斬新な配色。協力アクション。

平成ジェネレーションズの内容を全て忘れてしまいそうな衝撃でした。

ドラゴナイトハンターも上手いなあと先輩と話していたんですがそれを超えてきました。

その後も本編でなにかと活躍していったのも印象的です。

マイティブラザーズXX。大好きです。

 

そしてマキシマムマイティX。

これでもか!というほどのマックス感。

スイカアームズほどではない大きさ(でも大きい!)でCGではなく実写での活躍を見せてくれました。すごいですよね。

しかもやって欲しいと思う以上のアクションをやってくれました。

ロボット部から射出されたりビーム出したり。

リプログラミングなんていう超チート技も持っていました。つよい。

 

ムテキは本当に無敵でもうそれ以上言うことはないです。永遠無敵なのがむしろすがすがしい。本編でも吹っ飛ばされることはあってもノーダメージで最後まで無敵な演出。変身音声最高だよ。

 

以上エグゼイドのフォームの話でした。

エグゼイドのフォームの変遷は素晴らしかったです。

あと1つだけ文句言わせてもらうなら、よゐこの有野さんを全く出さなかったことだよね。

 

閲覧ありがとうございました。