「超スーパーヒーロー大戦」感想

少し遅れあそばせながらも観てきましたよ超スーパーヒーロー大戦!

自分自身「スーパーヒーロー大戦」を観るのは初めてなので無印やZの感想を見ると大体みんな酷いって言うので「おいおい…友達と観にいく予定なんだぞ…つまんないって感想言い合いたくないぞ…」と不安を抱きつつも観にいきました

観終わって最初に出てきた感想は

 

「あれ?結構面白くね???」

 

でした。

いや、言いたいところもいろいろあるよ?でもそれを差し引いても面白かった!(自分自身春映画がそこまで嫌いな人ではないので参考になるかは知らないです)

なので今回は良かった点、引っかかった点を感想を交えつつ書こうと思います

 ここから下はネタバレを含みます!映画本編を観てない方は読まないことを推奨します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかテレビでマイナスなことを最初に言う人は暗い性格みたいなことを言ってた気がするけど関係なしに引っかかった点を先に書いてやります。

 

  • ジューランドが存在する

ゼビウスにジューランドを壊滅させられた」とアムが発言するシーン。

おいおいおい!あのびっくり仰天ラストがなかったことになってるのか!?あれは最終回後ではないのか!?とか思ったけれど、考えても仕方ないかなと思って流しました

 

割愛

 

  • 先に変身しようとする医者たち

これはまあ説明しない(できない)キュウレンジャーたちのせいかなあ…急にポッピー連れていこうとしたもんな。敵の認識するよな。

  • 監察医の出番

短っ!CMで出た部分くらいしか出番なかったじゃねえか!

 

  • ゴライダー!

ゲームの力を借りるってそういうことかよ!俺てっきり現実にゲームのライダーを連れていっていい資格を手に入れるための戦いかと思ってたよ!

 

  • ウッチーのキョウリュウチェンジ

エエ!?淡白!?「いざ、尋常に!」がない!しかも踊らない!結構これ楽しみだったのよ!

 

  • アマゾンズ…

コレは…アマゾンネオを立てると思いきやそうでもなく…

階段をダダッと上がっていくシーンは好きですが本当にただの噛ませとなっていてアマゾンズファンが観たら大激怒だろうなあと(アマゾンズ未視聴ですので自分はそんなに怒ったりはしませんでした)

 

10周年やぞ!!

 

あとは必殺技を使わないってことくらいですかね。まあマグナギガももう残ってないか…

ベルトとか武器の音声聴きたかったけど仕方ないね

 

 

ここまで引っかかった点を頑張って読んでくれてありがとうございます。

ここからは良かった点です!

 

  • イマジンズ!

リュウタロス不在とはいえここの掛け合いは本当に楽しかった!ウラタロスは頑張ってことわざを言おうとしてたな!そこも含めて好きです。八雲にイージーと言われたとき「誰がいいじじいだ!」って返すモモタロスモモタロスしてる。

モモタロスの桃枠の話が妙に納得できる…(できない)

 

  • あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

俺はこれを観にきたんだ!!!!!

 

八雲「黄色は俺の師匠、マジイエローの翼先生に決まっている」

 

陣さん「一応俺、陣マサトとして出てるから…あ、変身後はビートバスターです」

 

ここ細胞に刻みました。マジイエローって言った!マジイエローって言ったぞ!触れた!触れた!

ニヤニヤが止まらなくてキモい顔してたと思う。

もうこの映画に星5つけます

 

  • 北岡先生

自分の名言言おうとしすぎだw

もうなんか吾郎ちゃんって言っとけ!みたいなノリを感じました。好き。

 

  • ロボ

一瞬ゴーゴージェットが出たと思ったわ…

いやそんなことじゃなくてマジドラゴンですよ!マジドラゴン!陣さんが!いや、俺にはキライダー(語感がすごいキカイダー)がマジイエローに見えたね!本当に…ありがとう……

 

  • ここからは俺たちのステージだ!

あんたが言うんかーい!ダイヤモンドユカイさんは知らずに言ってそうなところがまた

 

  • パラド

熱い…平成vs昭和の主任みたいに敵の強キャラが助太刀に来るのは熱いですよね

 

  • 飛彩vs飛彩

この話が今回のメインですよねぇ

ゲームの中の飛彩は自分の犯した過ちを取り繕うことが全てで、現実の飛彩はそこにはある程度の折り合いをつけてるんですよね

いわばその時に立ち止まったのとそれでも進んだ違いでやっぱり未来へ進む者は強いっていういい意味でありがちな展開でした

やっぱり飛彩って一貫して完璧を求めるんじゃなくて最善を求めるので完璧な経歴に傷が〜っていうのを乗り越えるこの話は正史にも組み込んで欲しいくらいです

トゥルーブレイブのトゥルーっていうのは「真実」とか「本当」って意味もあるんですが「本来の」っていう意味もあるんですよね。もし飛彩が常人だったら、天才じゃなかったら、『本来は』ゲームの中の飛彩になってたと考えられますし、それを乗り越えられてたってのはすごい熱いし飛彩は流石天才ドクターだなって。

トゥルーブレイブへの変身に使うタドルレガシーのレガシー(legacy)は「過去の」とか「遺産」って意味があって、「過去の遺産で変身すると本来のブレイブ」になるってすごい設定ですよね…

こじつけかもしれませんが新しいタイプのガシャットのデュアルガシャットを使うところと古い(古くはないけど)タイプのガシャットを使うところも対比なのかなと

 

  • ナーガ

ナーガにしかできないこと(やって欲しいこと)をやってくれたなあと。

同じ感情を持たない者同士だから分かり合えるし、それゆえナーガは辛い思いをして悲しいって感情を手に入れるのが中々感動させてくれます(これはテレビ本編では活かされないだろうけど)

エイトくんの突くところが痛すぎる…

 

  • 巨大戦

ああ…楽しい…

巨大ロボと親和性の高いマキシマムとフタゴキュータマによるオールスターキュウレンオー。

そしてオリオン号バッティング。お祭りって感じ!

 

 

飛彩のとこが濃すぎてダイヤモンドユカイ戦とギャラクシアンの出番がちょっとあっさりしてた気がしますが面白かったです!

「これがねえぞ」ってのがあったら教えてください

 

閲覧ありがとうございました!