『劇場版マジレンジャー インフェルシアの花嫁』を見ました

「魔法、それは未知への冒険。魔法、それは聖なる力。魔法、そしてそれは、勇気の証!」

これがめちゃくちゃ好きです

 

 

いやー!いい映画でした!爽やか!すごい爽やか!恋愛ものの映画は基本見ないからわからないけどこういう感じなのかな?

 

↓ネタバレのマルデヨーナ世界

 

 

 

 

導入部

雨の中での巨大戦から始まります。マジキングはやっぱカッコいいなあ。しかし敗北。なにやら山崎さんが危険な状態なのがわかります。

そのあと回想へ

サッカーの試合をするカイ。応援に駆けつける小津家。アカンここで泣く。いつもの小津家すぎる…

そこで急に冥獣人バーサーカーが!*)カッコいい

山崎さんを嫁にすると言いながら攫い自分のロボへ。そして冒頭のシーンへ

 

インフェルシアへ!

天空聖馬ユニゴルオンに乗れば1人だけインフェルシアに行けるそうだがユニゴルオンはマジトピアにしかいないのでヒカル先生にマジトピアへ連れて行ってもらおうとするがヒカル先生は「掟だから無理」と。いつも通りすぎるぜ!

その代わりにマンドラ坊やジャックと豆の木よろしく大きくさせてマジトピアへ。やっぱりいつものヒカル先生だな!

マジエルというおばさn…天空大聖者にユニゴルオンを貸してもらうために直談判。しかし「それはわがまま。既に魔法を与えてるだろこの野郎」と正論を突きつけるが、カイや小津家の懇願により貸してもらえることに。いざ、カイはインフェルシアへ!

ここはカイが最初無茶言いだすんですけど、その後にカイの尻拭いは私たちがしますと兄妹達が加勢するんですよね。末っ子の恋人を助けるためにここまで張ってくれるとはなんともマジレンジャーらしく最高です

 

バーサーカー

(ここまで書いてなんかただのあらすじになってることに気づいた。すみません)

こいつムチャクチャカッコいいな!?トゲトゲしてて

それでいて結婚したらバーサーカー軍団が生まれるというもはやこいつ1人でいいんじゃないかっていわれそうな冥獣人です

 

VSバーサーカー

ヒカル先生カッコいいいいいい!戦隊映画って大体追加戦士って噛ませや時間稼ぎしかしないじゃないですか。でもヒカル先生は勝ったんですよ!?(相手の能力で修復されてしまうけど)

バーサーカーにグサッといかれてやられたと思いきや、マジシャインの装甲を脱いでサンジェルの姿で敵の後ろに!!!ヒカル先生優遇!

そのまま倒しちゃうんですよ!!カッコよかったなあ

 

サーカス

まさか巨大戦で空中ブランコやるとは…映画限定ロボで(限定じゃないけど)やることじゃねえ…すげえよ…!

 

今回の感想はここで終わりです。作品を観てから感想を書くまでのラグが最近開きすぎてるので直したいと思います

 

 

薄い内容になってごめんよ…

閲覧ありがとうございました